MCPC検定って知ってます?

WiMAXのレビューとは全く話は違いますが、今回はちょっと横道にそれてMCPC検定の話をしたいと思います。

先日、なにげなく本屋さんでモバイル関係の本を探していたら「MCPC検定」の本を見つけました。
MCPC検定には2つ種類があり、「MCPCスマートフォン・ケータイ実務検定」と「MCPCモバイル技術基礎検定」があるそうです。

「MCPCスマートフォン・ケータイ実務検定」は総務省が後援しており、総務省に承認された最初のケータイ販売員向け検定試験制度で、合格者に対してスマホやケータイの販売実務に必要とされる基本的な知識を習得していることをMCPCが認定するものだそうです。
そして、認定を受けた人にはMCPCから「スマートフォン・ケータイアドバイザー」の称号が付与され、認定カードが発行されるそうです。

そしてもう1つの「MCPCモバイル技術基礎検定」は、モバイル業界の販売スタッフや非技術系スタッフ、モバイル業界を目指す学生などを対象にしたもので、合格者に対しモバイル技術や業界の知識を習得していることをMCPCが認定するものだそうです。
またこの認定は、「MCPCモバイルシステム技術検定」や「MCPCシニアモバイルシステムコンサルタント」を目指す人の入門的役割を果たすものとなっているようです。

これらの認定試験に必要な知識としては、ケータイのニーズや普及、電話会社の種類や加入数といった基礎知識から通信・通話の仕組み、インターネットの接続、モバイル機器の特徴やセキュリティ、製造者や販売者の責任など幅広い知識が必要となります。

これらの認定試験自体は非常に難しいものですが、テキスト本の内容を見ているとモバイルに関するところで、モバイルWiMAXについてもかなり詳しく説明されているのを見つけました。
MCPCの認定試験を受ける気がなくてもこのテキスト本を読むだけでかなりWiMAXについても知識が得られるんじゃないかと感じました。

今回WiMAXのレビューを書くにあたり、このMCPC認定試験のテキスト本はとっても参考になりそうだったので思わず買ってしまいました。

私もWiMAXを使い始めてまだそんなに年月が経ってなくあまり詳しくないので、今後WiMAXのレビューを書く中でこの本で少しずつ基礎を学んでいきたいと思います。

今回の参考本
『モバイル基礎テキスト第3版』
「MCPCスマートフォン・ケータイ実務検定」、「MCPCモバイル技術基礎検定」対応
(リックテレコム)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

コメントを残す





*