UQWiMAXでの2台目の契約機種URoad-Aeroが届いたということで、前回自宅での受信感度を見てみましたが、今回はちょこっと観光地へ出かけてみました。

WiMAXは都市部や一般の居住地域では繋がりやすいとの評判ですが、でも山間部などを含めた観光地では実際にどのぐらい繋がるのか少し気になったのが理由です。

そして選んだ場所は、今回世界遺産登録が確定見込みとなったことから「富士山」とその周辺にしました。
富士吉田
山梨と静岡の両県を走行してきましたのでその結果をお伝えします。

まず訪れたのは山梨県側の富士山の麓である富士河口湖町。
ここから富士スバルラインを通って富士山の五合目を目指します。

スバルラインから登り始める前に一旦富士吉田市でスピードテストを実施してみました。
測定画端末機
車内での測定ですが受信状況はグリーンなので感度は良さそうです。

スピードテスト測定結果は
test2
下り6.2Mbps、上り0.9Mbpsでした。
平均と比べると少し遅いようですね。(測定サイト平均速度は下り7.3Mbps)

こんな感じで富士山の五合目や富士山の周辺で測定を続けました。

富士山の五合目へ到着。
世界遺産登録の影響かかなり賑わっていましたね。

そして、測定しようと端末ルータを見ると。
?? あれっ! 圏外!
電波が届いていないのか受信状況はレッドの点滅!
残念ながら測定不能でした。

ちなみにスマホ(au)を見てみるとしっかりアンテナが3本立ってました。
スマホは届いてもWiMAXは届かないのか?!
同じKDDIグループなのに周波数の差もしくは基地局の違いが出てしまっている様子でした。
untitled
仕方がないので富士山を下り静岡県の富士宮方面へ向かうことにしました。

河口湖から本栖湖までは樹海が広がるエリア。
このあたりの電波状況も常に不安定でほとんどがレッドでした。

本栖湖を抜けて朝霧高原へ出ます。
このあたりは牧草地域なので遮るものがなく非常に見晴らしの良い場所です。

朝霧高原の道の駅で休憩し受信状況を確認。
しかし、なぜかアンテナはレッドが点灯!
電波が届いていないようです。

樹海から本栖湖そして朝霧高原と、ここまでまったく使えない状況が続きました。
残念な結果に気落ちしながら富士宮市内へ下ることに。

139号線を下りきり富士宮市へ入りコンビニで計測しました。
すると、ようやっと電波が改善!
WiMAXルータの受信表示がグリーンになりました。

測定結果も次の通り。
test3

【今回の測定結果】

富士吉田市 下り6.2Mbps、上り0.9Mbps
富士山五合目 測定不能
青木ヶ原樹海 測定不能
朝霧高原 測定不能
富士宮市 下り8.5Mbps、上り1.1Mbps

結果をまとめると、観光地(得意山に近い所)では、まだまだエリアカバーが行き届いていない感じがしました。

せっかくWiMAXは外でインターネットが楽しめるモバイル通信なのですから、休日に観光地へ出かけた時にもネットが楽しめるようにもっともっとカバーエリアを充実させてもらいたいものです。

UQコニュニケーションの今後の頑張りに期待しましょう。

WiMAXキャンペーン情報はこちら